新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

弱い照明でもつけっぱなし就寝は健康に害 ノースウェスタン大学が理由を解明

睡眠 - Sputnik 日本, 1920, 15.03.2022
米ノースウェスタン大学が、一晩中、部屋の明かりを完全に消さずに寝た場合、血糖値も心拍数も上がることを明らかにした。
ノースウェスタン大学は健康な成人20人を被験者に選び、一晩は真っ暗な部屋で寝てもらい、次の日は街灯の光が部屋に差し込んだくらいの、落とした照明の部屋で寝てもらった。
専門家らの評価では、人間は瞼を閉じていても光の5~10%はキャッチすることができる。数値としては大きくないものの、これだけの光でも睡眠の質を十分に妨げられてしまう。
足元 - Sputnik 日本, 1920, 16.01.2022
すぐに眠れる簡単な方法
その結果、細胞の再生が行われる睡眠相が短くなったため、心拍数の上昇、インスリン抵抗性の上昇、神経系の働きの乱れ、血圧上昇が認められた。部屋の明かりはメラトニンレベルを低下させるほどではなかった。
科学者らは、常にそのような状態で睡眠をとる場合、健康を害する恐れがあると指摘している。
科学者らは、就寝の2時間ほど前から照明を落とし、夜間は照明やテレビをつけっぱなしにせず、カーテンをきちんと閉め、スリープマスクなどの使用を推奨している。
関連ニュース
仕事中に寝たことがある人は管理職または今年の昇進率が高かった
子どもはペットと添い寝すると質の良い睡眠が得られる 研究で明らかに
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала