ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ドネツクの犠牲者の写真投稿めぐり、イタリア紙を非難=露外務省報道官

© Sputnik / Vladimir Pesnya / フォトバンクに移行ザハロワ報道官
ザハロワ報道官 - Sputnik 日本, 1920, 17.03.2022
イタリアの新聞「ラ・スタンパ」が、ドネツクの住民が戦術弾道ミサイルシステム「トーチカU」の攻撃を受けて死亡した市民の写真を、キエフの画像だとして一面に投稿したことについて、ロシア外務省のマリヤ・ザハロワ報道官は、SNS「テレグラム・チャンネル」に投稿した中で、「著しい冷笑主義の一例である」として、これを非難した
ドネツク中心部へのミサイル攻撃は3月14日に行われ、21人が死亡、数十人が負傷した。ドネツク人民共和国は、ウクライナ側から発射された「トーチカU」は防空システムによって撃墜されたが、その一部が民間人のいる場所に落下したと発表していた。
ロシア外務省のザハロワ報道官は、偽情報を掲載した新聞の名称を挙げれば、「1日かかるだろう」と指摘。とりわけ、無視することができない著しい冷笑主義の一例があるとし、「イタリアのラ・スタンパは、ドネツクの最前線の写真を掲載した。救助隊、遺体、悲しみにくれる市民、破壊された街の様子などで、これらはドネツク人民共和国でウクライナ軍が『トーチカU』を用いて行った砲撃の結果である」と綴った。また報道官は、「一面の見出しには、『最後の襲撃がキエフを脅かしている』と書かれており、犠牲者が横たわっている場所が、ドネツクではなく、まるでキエフのように伝えている」とした。
またザハロワ報道官は、このようなフェイクニュースは看過できないものだとし、「我々は、西側のメディアが作り出した世界で、長く生きている」と付け加えた。さらにザハロワ氏は、紙面は総じて、強烈な見出しのついた、きわめて残酷な内容となっているとも強調した。
最後にザハロワ報道官は、ドネツクの写真は、使用せずにはいられないほど適したものであったようだと述べ、イタリア人ジャーナリストは、ウクライナ軍とドネツクの義勇軍による犠牲者をキエフ市民だと偽ることに良心が咎められることはなかったと指摘した。さらに、すべては反ロシア的な機運が高まる中で、衝撃的な情報を発信するのに好都合であったと述べ、真実がどのようなものなのかについては誰も目を向けなかったと締めくくった。
関連ニュース
ウクライナ・ロシア間の交渉は未だ進行中 「かなり難航している」=ゼレンスキー大統領
ザハロワ露外務省報道官 ウクライナのクリミアへの行為と米軍のベトナム作戦の類似を指摘
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала