ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

駐日ロシア大使、ウクライナでの特殊作戦の理由と目的について日本外務省に説明=露大使館

© 写真 : Ministry of Foreign Affairs of the Russian FederationПосол Российской Федерации в Японии Михаил Галузин
Посол Российской Федерации в Японии Михаил Галузин - Sputnik 日本, 1920, 22.03.2022
ロシアのガルージン駐日大使は22日、日本外務省の森健良事務次官と面会し、「ウクライナでのロシアの特殊軍事作戦の理由と目的を詳細に説明」し、ロシアは国連憲章の自衛権に関する条項に基づいて行動していることを指摘した。在日ロシア大使館が発表した。
大使館によると、面会では「第一に、ロシアは同国とその同盟国であるドネツク及びルガンスク両人民共和国に対してウクライナ領土から直接的な軍事的脅威が発生した状況で自衛権に関する国連憲章第7章第51条に基づいて行動していることが強調された」という。
日本外務省は22日、ロシア外務省が日本に対する措置を発表したことを受け、森外務事務次官がガルージン駐日大使を呼び出し、ロシアが日本との「平和条約交渉を継続しない」と発表したことなどについて抗議したと発表した。

露日関係の悪化

ロシア外務省は21日、日本の非友好的な行為への対抗措置として、日本との平和条約交渉を拒否し、日本国民の南クリル諸島へのビザなし渡航を停止し、南クリル諸島における共同経済活動にむけた日本との対話を取り下げた。
日本の岸田首相は22日、ロシアが日本との平和条約締結交渉を停止すると決定したことについて「極めて不当であり、断じて受け入れることはできない」と述べた。
また日本の林外相は22日の記者会見で、平和条約交渉の停止などに関するロシア外務省の決定について、ウクライナ情勢をめぐる日本を含めた国際社会の対応を日露関係に転嫁することは不当であり、強く抗議すると述べた。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала