米国 7人の幼児が睡眠薬で中毒症状

© AP Photo / Visar Kryeziu米国 7人の幼児が睡眠薬で中毒症状
米国 7人の幼児が睡眠薬で中毒症状 - Sputnik 日本, 1920, 28.03.2022
米バージニア州ホープウェル市で幼児7人が睡眠薬を飲まされ、中毒症状を表したため病院に収容された。地元のWTVRテレビが警察の発表を引用して報じた。
テレビ報道によると、この家にいる子どもの1人が医師から睡眠薬を処方された。子どもらの世話役の大人が店に行ったすきに、薬を受け取った子は、他の1歳、2歳、3歳、4歳の子どもらと薬を分け合った。世話訳の大人は店から帰ると、下の子のうち4人が意識を失い、別の3人がぐったりとしていることに気づいた。
地元警察のチェイニー・カッセル警部補は、「子どもたちがしばらくの間、大人の監視のない状態に置かれた時に、(睡眠薬を)処方された子が薬を他の子らと分け合ってしまった」と説明している
警察は、地元の児童保護機関と連携して、事件の捜査を行っている。
関連ニュース
昼寝は認知症の前兆かも 研究で明らかに
すぐに眠れる簡単な方法
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала