キエフ、税率引き下げ求め数千人がデモ - Sputnik 日本, 1920
ウクライナをめぐる情勢悪化
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

バイデン氏、米国のガソリン価格上昇を「プーチン価格高騰」と評価、戦略石油の大規模な備蓄放出を発表

© REUTERS / Jonathan Ernstバイデン大統領
バイデン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 01.04.2022
ジョー・バイデン大統領は米国市場におけるガソリン価格の記録的上昇を受け、これを「プーチン・プライス・ハイク」と評価し、ウクライナ危機以前から価格上昇は始まっていたと説明して批判を避けようとした。 また、ガソリン価格の低下に向け、戦略石油の備蓄を大量に放出する計画を発表した。
米国は世界市場におけるエネルギー燃料の価格上昇をロシアがウクライナで進める特別軍事作戦と結びつけている。ウクライナ情勢を背景に、バイデン大統領は3月上旬、対露制裁の枠組みでロシアからのエネルギー燃料を輸入することを禁止したほか、ロシアのエネルギー産業に対する新たな投資も禁止した。その後、ガソリン価格は国内で急速に上昇し、バイデン大統領とその政権に対する批判が高まった。クイニピアック大学(米コネティカット州)が行った世論調査によると、米国市民の40%以上はバイデン大統領の経済政策による失敗によってガソリン価格が高騰したとみなしている他、24%が対露制裁を批判している。1ガロンあたりの価格は既に1ドル上昇し、現在は4ドル20セントから22セントで取引されている。
トランプ元大統領 - Sputnik 日本, 1920, 30.03.2022
トランプ氏の支持率がバイデン氏を上回る
バイデン大統領はこの状況を「クライシス」と表現し、「その原因はプーチンの戦争にある……ガソリンスタンドで米国人がプーチン・プライス・ハイク(putin's price hike)の打撃を受けている」と発言した。
価格抑制を目的とし、バイデン大統領は戦略石油の備蓄から日量100万バレルの放出を今後6か月間にわたって実施することを明らかにした。また、米国はパートナー国が協力して戦略石油の備蓄放出を行うことに期待を示した。パートナー国が放出する原油の量は 3000万バレルから5000万バレルと推定されている。
また国内における原油の掘削能力を向上させるため、石油関連会社に対し、使用していない掘削権の使用料を支払わせることを提案した。これにより関連会社は原油の増産を余儀なくされることから、安定したエネルギー燃料の供給に繋がると見られている。
それと同時にバイデン大統領はクリーンエネルギー経済を推進するため、国防生産法を発動し、EV車に必要な電気バッテリーと再生可能エネルギーの蓄電装置を製造する上で必要な資源の供給を保証するとした。具体的には、リチウム、グラファイト、ニッケルなどの資源が念頭に置かれている。米国は現在、これらの資源を中国などの国々に依存しており、現状を変更する必要があると強調した。
ロバート・キヨサキ氏 - Sputnik 日本, 1920, 01.04.2022
「バイデンはインフレを引き起こし、プーチンを非難している」: ロバート・キヨサキ氏、ドル崩壊を予言し、暗号資産の購入を呼びかける
バイデン大統領の発言を受け、世界の原油価格は5%から6%減少した。日本時間の1日3時25分時点で6月物のブレント先物価格は5.55%減少し、1バレルあたり105.25ドルにまで低下したほか、WTI先物5月限価格は6.56%減少し、100.75ドルまで低下した。
関連ニュース
米国はロシアに対する経済戦争を開始しようとしている=プーチン大統領
エルドアン大統領、トルコで露宇首脳会談開催を提案
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала