ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ロシア政府 プーチン大統領に対するドパルデュー氏の批判に回答

© Sputnik / Михаил Климентьев / フォトバンクに移行プーチン大統領とドパルデュー氏
プーチン大統領とドパルデュー氏 - Sputnik 日本, 1920, 01.04.2022
ロシア政府は、フランスの俳優、ジェラール・ドパルデュー氏のウクライナでの戦闘行為についての発言についてコメントし、同氏は、政治課題に集中しているわけではないので、当地で何が起こっているか完全に理解していないと指摘し、ロシア側は必要な場合、同氏に事態について説明する用意があると表明した。
「彼は2014年にウクライナで何が起こったかを理解しておらず、ミンスク合意とは何か、ドネツクとルガンスクとは何かを理解していない。彼は民間人への爆撃をほとんど理解していないし、民族主義的原理をほとんど理解していない。私たちは、必要に応じて、彼がよく理解できるように、これらすべてを伝え、説明する準備ができている」
2013年にロシアの市民権を得たドパルデュー氏は、AFP通信のインタビューでウクライナでの軍事作戦を批判し、この行動は「ウラジーミル・プーチンなど」の指導者らによる「愚かな行為」で、ロシア国民には責任がないと語った。同通信社は、「ロシア国籍を取得して以来、ドパルデュー氏は、しばしばロシアを『偉大な民主主義国』と称賛している」と指摘した。
関連記事
ジェラール・ドパルデューさん 「ロシア人であることを誇りに思う」という名の高級時計を発売
俳優ジェラール・ドパルデュー プーチンへの敬愛を認め ウクライナを語る
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала