滋賀の旅館、サイトに「ロシア人とベラルーシ人宿泊拒否」と記載 行政の指導で削除

© Sputnik / Maksim Blinov / フォトバンクに移行滋賀の旅館、サイトに「ロシア人とベラルーシ人宿泊拒否」と記載 行政の指導で削除
滋賀の旅館、サイトに「ロシア人とベラルーシ人宿泊拒否」と記載 行政の指導で削除 - Sputnik 日本, 1920, 12.04.2022
ロシア軍によるウクライナでの軍事作戦に抗議するため、日本の滋賀県長浜市にある旅館が、公式ホームページでロシア人とベラルーシ人の宿泊を拒否すると記載していたことが分かった。この記載はその後、県の行政指導のもと削除された。日本のメディアが報じた。
地元メディア「関西テレビ放送」の報道によれば、この旅館は軍事作戦開始直後の2月26日から、公式ホームページで作戦に反対する旨の文章を掲載。それとともに「ロシアとその同盟国のベラルーシ人の宿泊を拒否する」と記載していた。
これについて外部からの通報を受け、県が施設に事実関係を確認したところ、正当な理由がなく宿泊を拒否することは旅館業法に抵触するおそれがあるとして、県は11日、旅館に対し文章を削除するよう行政指導した。
旅館側は両国からの宿泊の問い合わせはなく、実際に拒否した事例はなかったとしている。また、県の指導のもと該当する文章を削除したうえで、謝罪文を掲載しているという。
関連記事
「ロシア人ヘイトはウクライナから始まったものではない」=米国の作家
プーチン大統領、ロシアを「キャンセル」する試みを非難 ジョアン・ローリング氏迫害に言及
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала