日本のホンダ 年間200万台の電気自動車生産へ 2030年までに30種類

ホンダ - Sputnik 日本, 1920, 12.04.2022
12日、日本の自動車メーカーのホンダが新たな計画を発表した。同計画によれば、ホンダは世界に向け2030年までに200万台超の電気自動車の生産をスタートさせる。車種は30種類に上るという。NHKが報じた。
ホンダによれば、電気自動車の規模は年間生産台数(413万台)の半分が目標とされる。日本では、再来年には商用電気自動車(軽自動車タイプ)を100万台投入することを計画しており、一般向け自動車はその後にリリースされることになるという。
ホンダは、2040年販売予定のすべての新車を電気自動車または燃料電池車にする目標を立てており、計画の具体化で電動化を加速させる狙いがあるとされる。
関連ニュース
テスラ  2022年第1四半期は過去最高の出荷台数
日本の自動車販売台数が3年連続で減少 前年比9%減の421万台
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала