2022年、2億5000万人超が極度の貧困に陥る可能性

© Fotolia / Gourmetphotography2022年、2億5000万人超が極度の貧困に陥る可能性
2022年、2億5000万人超が極度の貧困に陥る可能性 - Sputnik 日本, 1920, 17.04.2022
スペイン紙エル・パイスは、新型コロナウイルスのパンデミックや世界的な格差の拡大、食料価格の急騰により、今年2022年に全世界で2億6300万人超が極度の貧困状態に陥る可能性があると報じた。
エル・パイスによると、世界銀行は今年に入り、2022年に約1億9800万人が極度の貧困状態に陥る可能性があると予想していたが、国際NGOオックスファムが行った新たな調査によると、今年2022年に全世界で2億5000万人超が貧困ラインを下回る可能性がある。これは英国、フランス、ドイツ、スペインを合わせた人口に匹敵する。
店の空の棚 ロンドン - Sputnik 日本, 1920, 14.04.2022
「危機的状況」 英国人は食料と光熱費の支払いのどちらかを選ばねばならない
報道によると、今年末までに、貧困ラインとされる1日1.9ドル(240円)未満で生活する人が計8億6000万人に上る可能性がある。なお、貧困や飢餓の問題に見舞われる可能性があるのは発展途上国だけではないという。
4月上旬、深刻な経済危機により、スリランカで大規模な抗議デモが発生していると報じられた。
関連ニュース
スリランカ当局 輸入医薬品の20%値上げを容認
韓国のガソリン価格 2008年以来の最高値に
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала