日本 首都圏の新築マンション平均価格が過去最高に バブル期超える

© Sputnik / Natalya Seliverstova / フォトバンクに移行日本 首都圏の新築マンション平均価格が過去最高に バブル期超える
日本 首都圏の新築マンション平均価格が過去最高に バブル期超える - Sputnik 日本, 1920, 18.04.2022
日本では、昨年度に発売された首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)の新築マンションの1戸当たりの平均価格が6360万円となり、「バブル期」を超え過去最高を記録した。不動産経済研究所の発表をもとに日本の各メディアが報じた。
不動産経済研究所によれば、2021年度に発売された首都圏の新築マンションの1戸当たりの平均価格は前年度比で6.1%上昇し、6360万円となった。
これは、バブル末期(1990年度)の6214万円を100万円以上上回る数字で、31年ぶりに過去最高を記録した。
太陽光発電 - Sputnik 日本, 1920, 28.09.2021
新築住宅への太陽光発電設置の義務化 都が独自で検討=小池知事
価格高騰の理由として、都心部の地価上昇や建築資材価格などの高騰による工事費の上昇、建設現場の人手不足による人件費の上昇などが挙げられている。
また同研究所によれば、建築資材価格はウクライナ情勢に伴う物流の混乱や円安の影響でさらなる上昇が予想され、この影響は半年から1年後、マンション価格に反映されるだろうと指摘している
関連記事
東京五輪の選手村跡地、11月販売分の全戸に申し込み 最高倍率111倍
モスクワ第二の日本式マンション、待望の販売開始!旧工業団地が緑のスマートシティに変貌
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала