ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ロシアは宇交渉担当者に対する信頼を無くした= 露外務省報道官

© Sputnik / Russian Foreign Ministry / フォトバンクに移行ザハロワ報道官
ザハロワ報道官 - Sputnik 日本, 1920, 20.04.2022
ロシアはウクライナ側の交渉担当者をすでに信用していない。だが、交渉でウクライナが一貫性のない姿勢をとるだろうと覚悟はしていた。4月20日、ロシア外務省のマリア・ザハロワ公式報道官はTVロシア24からの取材にこうした声明を表した。
ザハロワ報道官は、交渉実施を要請したのはウクライナ側であり、ロシアはそれに答えたが、その後、「来るかと思えば今度は来ない。参加するかと思えば、参加しないだのとキエフ当局側からのサーカスが始まった」と語っている。
「体制が独立しておらず、操られていることを示す古典的なスキーム。それに交渉は気をそらすためのマヌーバとして用いられている」
ザハロワ報道官は、ゼレンスキー氏の独立性のなさを突き、「今日、こう言ったかと思えば、明日は違うことを言う」と指摘した。
ロシア外務省 - Sputnik 日本, 1920, 19.04.2022
ウクライナをめぐる情勢
ブチャ煽動 ロシアは国際的捜査を国連で発案しない意向
関連ニュース
トランプ氏 ロシア、ウクライナ交渉 早急に開始すべき
ウクライナ軍 国境のロシアの村を砲撃
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала