ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ドネツクで捕虜となったウクライナ兵はリハビリを受けている 現地医師

© Sputnik / Natalia Seliverstova / フォトバンクに移行ロシア、救急車(アーカイブ写真)
ロシア、救急車(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 22.04.2022
ドネツク人民共和国の捕虜となったウクライナ兵士らは必要な医療支援は余さず受けており、リハビリを受けている。ドネツク抗がんセンター、第3外科病棟のアレクサンドル・ゲラシメンコ医長がリアノーボスチ通信からの取材に明らかにした。
ゲラシメンコ医長は、捕虜らはリハビリを終了した後、自宅に返されると語っている。
ゲラシメンコ医長は、マリウポレで医療行為を行った際に足の甲に弾丸が貫通した男性から聞いた話を打ち明けた。
「当然ですが、この傷はどうしたのかと聞きました。きっと軍人で戦っていて負傷したのだろうと思ったのです。ところが違った。男性は戦闘行為が始まった時、表にいたそうです。そこにウクライナ軍の車が停まっていた。水を分けてくれ、どこで食料が買えるのかと聞こうとしたところ、ウクライナ兵は自分の足を撃ちぬいた。水を求めた結果です、こうなったと言っていました」
ウクライナ側で戦う外国人傭兵、ウクライナ軍によるロシア兵捕虜の大量処刑を確認 - Sputnik 日本, 1920, 08.04.2022
ウクライナをめぐる情勢
ウクライナ側で戦う外国人傭兵、ウクライナ軍によるロシア兵捕虜の大量処刑を確認
ロシアの捕虜となったウクライナ人兵士、将校 らもリアノーボスチからの取材に答え、ロシア人捕虜への蔑みや拷問はウクライナ側も禁じられており、「これを行っているのは人でなしだ」と断言した。
ウクライナ人捕虜らは自分たちは良い条件で暮らしており、ロシアに対するクレームはないと語っている。
関連ニュース
ウクライナの捕虜の中にNATO加盟国の軍人=クリモフ上院議員
ウクライナで、捕虜になったロシア兵の去勢が呼びかけられる
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала