ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

紛争下でもウクライナ代表団との接触は続ける=露ラブロフ外相

© Sputnik / Alexey Kudenko / フォトバンクに移行露ラブロフ外相
露ラブロフ外相 - Sputnik 日本, 1920, 26.04.2022
ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、ウクライナにおける紛争下で、ウォロディミル・ゼレンスキー大統領の代表団との接触は続けていくと表明した。
ラブロフ外相は、ロシア国営放送「第1チャンネル」の番組の中で「善意には限りがある。これに報いがない場合、おそらく、この善意は交渉プロセスに寄与しない」と話した。
我々の多くは依然として、ウクライナの本当の立場は米政府、英政府、その他西側諸国の政府で決められると確信している。我々の政治学者は、それならなぜウクライナ代表団と話をするのか、米国人と話をし、ある種の合意に至る必要があると言う。それでも、我々はゼレンスキー大統領が派遣した代表団と交渉を続ける。こうした接触を継続する。
エルドアン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 23.04.2022
ウクライナをめぐる情勢
「露・ウクライナ首脳会談はトルコで」=エルドアン大統領、実現に意欲
また、ラブロフ外相は、ウクライナ最高議会(ヴェルホーヴナ・ラーダ)議長の発言についてコメントし、ロシア政府及びウクライナ政府間の交渉では、まさにウクライナの非ブロックの地位が議論されると述べた。
ちょうど今日、ヴェルホーヴナ・ラーダの議長は、今回の危機の結果を受け、ウクライナは憲法からNATO加盟の意図を取り除くことはないと表明したとの声明を読んだ。どういうことだ?あらゆる交渉において、ウクライナの中立および非ブロックという地位について、特定の地域に適用される安全保障と同時に議論される。
ラブロフ外相はまた、ウクライナにおける紛争は条約によって終結するが、合意の程度については、紛争が終結する時点での戦闘行為の状態によって決められると語った。
関連ニュース
米国務長官と国防長官 ウクライナ・キーウ訪問
武力によるマリウポリの解放は不可能=宇大統領
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала