キエフ、税率引き下げ求め数千人がデモ - Sputnik 日本, 1920
ウクライナをめぐる情勢悪化
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

西側はウクライナへの兵器供与競争に興じている=ロシア外務省

© Sputnik / Foreign Ministry of the Russian Federation / フォトバンクに移行ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官
ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官 - Sputnik 日本, 1920, 27.04.2022
西側諸国は平和を主張しながら、ウクライナに対する兵器供与で他国よりもより多くの成果を上げようと競争をしているかのようである。ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官が表明した。
ザハロワ報道官はロシア国営テレビ「ロシヤ1」の番組、「ウラジーミル・ソロヴィヨフとの夕べ」に出演し、次のように発言した。

「私が思うに、彼らはウクライナに兵器や人殺しの道具をより多く供与するという競争に夢中のようだ。それでいて、平和を主張し、戦闘行為を停止させる必要があると主張している」

そのうえで、平和を主張するならば、交渉を加速化させる必要があると指摘した。
ロシアのウラジーミル・プーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 27.04.2022
ウクライナをめぐる情勢悪化
露大統領がアゾフスタリからの民間人退避活動に国連と赤十字の参加を許可=国連報道官
先にロシア外務省のセルゲイ・ラブロフ外相はウクライナに対する支援物資はいずれもロシア側にとって正当な攻撃目標になると牽制していた。
ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官も同じくコメントを発表し、ウクライナに西側から兵器を供与することは停戦交渉の助けとはならず、否定的な効果をもたらすに過ぎないと評価していた。
なお、ラブロフ外相は国連のアントニオ・グテーレス事務総長とモスクワで会談した後、ロシア側としては国連が主導する人道支援上のイニシアチブについて、これを支援する用意があると表明した。
関連ニュース
原材料費、ウクライナ情勢で歴史的高水準、24年まで続くか=世界銀行
ロシア、アゾフスタリ製鉄所からの避難用人道回廊を再開へ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала