仏軍はマリ共和国での集団埋葬の隠蔽を図っている マリ国民暫定議会議員

© Sputnik / フォトバンクに移行仏軍はマリ共和国での集団埋葬の隠蔽を図っている マリ国民暫定議会議員
仏軍はマリ共和国での集団埋葬の隠蔽を図っている マリ国民暫定議会議員 - Sputnik 日本, 1920, 06.05.2022
マリ共和国で発覚した大量虐殺の集団埋葬は仏軍の犯行であり、仏軍はその事実を隠蔽しようとしている。同国国民暫定議会のアブバカル・シジキ・フォンバ議員はリアノーボスチ通信からの取材のこう語った。
4月末、仏軍がマリ共和国で軍事犯罪を犯したことを示す、新たな疑惑が複数浮上しており、そうした中のひとつとして、先日、仏軍が撤退した軍事基地の町ゴッシで、軍撤退後、地域住民の集団埋葬の跡が見つかっている。
フォンバ議員はリアノーボスチ通信に対して、「仏軍は嘘をついている。坑道を隠蔽しようとして事実を歪曲している。もしもあの場所に集団埋葬があるなら、それは仏軍の犯行だ」と語った。
フォンバ議員は、マリ共和国は核廃棄物が隠されている疑いがあるとして、捜査を開始したと明らかにした。
関連ニュース
仏マスコミはマリ共和国での仏軍の大量虐殺犯罪の隠蔽を画策 人権擁護家
西アフリカのマリ、フランスとの防衛協定の終了を発表
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала