独首相に対する侮辱的な発言 駐独ウクライナ大使、謝罪を拒否

© AFP 2022 / Lisi Niesner/Poolドイツのショルツ首相
ドイツのショルツ首相 - Sputnik 日本, 1920, 06.05.2022
メリニク駐独ウクライナ大使は、ドイツのショルツ首相に対する侮辱的な発言について謝罪することを拒否した。
先に、ショルツ氏は第2ドイツテレビ(ZDF)のインタビューで、ウクライナ側がシュタインマイアー独大統領の受け入れを拒否したため、近いうちにウクライナの首都キーウ(キエフ)を訪問する考えはないと述べた。
これに対して、メリニク氏はドイツ通信社(DPA)のインタビューで、ショルツ氏を「すねたレバーソーセージ」と呼び、ショルツ氏の対応を子どもじみていると批判した。
メリニク氏はラジオ局ドイチェランドフンクのインタビューで「話のテーマになっているのは謝罪することではなく、近日に正しい政策を実施することだ」と述べ、軍事装備品の供与によるウクライナへの支援を示唆した。
ドイツ国旗 - Sputnik 日本, 1920, 28.04.2022
ドイツ、ウクライナへの重兵器供与を承認
シュタインマイアー氏は5日、ウクライナのゼレンスキー大統領と電話会話し、「過去の誤解」について話し合った。シュタインマイヤー氏は、ドイツがウクライナを支援することを請け合い、ゼレンスキー氏はシュタインマイヤー氏やドイツ政府代表をキーウに招待した。その後、ショルツ氏は、ドイツのベーアボック外相が近くウクライナを訪問すると発表した。
関連ニュース
元独首相がロシア産燃料の禁輸措置に反対、ロシアの孤立は不可能
ドイツ 学者、政治家、文化人らがショルツ首相にウクライナへの兵器供与停止を呼びかけ=メディア
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала