露政府、外国製品の並行輸入認める トヨタ、東芝、任天堂も

© Sputnik / Viktor Tolochkoモスクワのロシア政府庁舎
モスクワのロシア政府庁舎 - Sputnik 日本, 1920, 07.05.2022
ロシア政府は6日、露国内で業務を停止した外国企業の製品を正規代理店とは別ルートで輸入する「並行輸入」の対象リストを公表した。対象品目は50種類以上に及び、日本企業からはトヨタ、東芝、任天堂などの製品が対象となった。リストは法律文書に関する露政府の公式サイト「法律情報インターネットポータル」に掲載されている。
並行輸入は正規代理店以外の第三者が、外国で合法的に製造・販売された商品を外国で購入し、商号、商標の権利所有者の許諾なしに輸入すること。
今回公表されたリストには、ウクライナ情勢の悪化を受け露市場への供給を停止した外国企業の製品が入っており、対象製品は自動車部品、衣料品、電気機器、化粧品など多岐にわたる。日本企業の製品からはトヨタ、日産、ホンダなどの自動車部品のほか、シャープや東芝の半導体デバイスや集積回路、プレイステーション、任天堂といった家庭用ゲーム機などが対象に含まれた。
ポーランドのモラヴィエツキ首相(最左)、チェコのバビシュ首相(左から2人目)、ハンガリーのオルバン首相(左から3人目)、フォン・デア・ライエン欧州委員会委員長(最右)。ブリュッセルにあるEU本部での会合前。 - Sputnik 日本, 1920, 06.05.2022
EUのロシア産エネルギー資源禁輸はハンガリーにとって原子爆弾に等しい=ハンガリー首相
露産業商務省は、並行輸入は偽ブランドやコピー商品を合法化するものではないとし、真製品を代替ルートで供給するためだと強調している。
3月末、露政府は国内での外国製品の需要を満たすため、並行輸入を合法化していた。
関連ニュース
制裁対象の外国企業に原料などの輸出を禁止=プーチン大統領
萩生田経産相 露産石油禁輸の可能性をめぐり「直ちに足並みをそろえてというのは難しい」
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала