自動運転車では渋滞は解消されない 

© Sputnik / Alexei Nichukin / フォトバンクに移行渋滞
渋滞 - Sputnik 日本, 1920, 11.05.2022
The Next Weは、米国人研究者のジーク・ブールーシュ氏が推測する、自動運転車の普及で道路渋滞は減るという神話に反して、逆に渋滞は増えるとする理論を掲載した。
ブールーシュ氏が引用しているのは、有名な「ジェボンズのパラドックス」の論理。これは、あるリソースの使用効率を上げた場合、その消費量は減るどころか増えるという論理で、例えば、冷蔵庫のエネルギー効率が上がれば、その分使用コストが下がり、需要が増える。ブールーシュ氏は、無人自動車が普及すれば、膨大な数の人々がこれを使用することになり、災いがもたらされると結論付けた。
テスラの工場 - Sputnik 日本, 1920, 28.01.2022
テスラ 自社工場の労働力不足をヒューマノイドで解決へ
ブールーシュ氏は、「乗っている人は車が自分を目的地まで運んでいる間、したいことが何でもできるとなれば、ドライビングは快適になる」と指摘し、自動運転車の旅が安価になれば、将来、車は爆発的に普及し、道路はますます渋滞するとの考えをしめしている。
関連記事
韓国ソウル 10日から自動運転タクシーの運行開始
2時間の渋滞に耐えかねた男性が30メートルの橋からジャンプ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала