ベラルーシ、ウクライナとの国境に特殊作戦部隊を展開

© Sputnik / Maxim Blinovロシアとベラルーシ両軍の空挺部隊・戦術グループの合同演習に参加する兵士たち。ベラルーシのヴィーツェプスク州にて
ロシアとベラルーシ両軍の空挺部隊・戦術グループの合同演習に参加する兵士たち。ベラルーシのヴィーツェプスク州にて - Sputnik 日本, 1920, 11.05.2022
ベラルーシのグレヴィチ第1国防次官は10日、NATOとウクライナがベラルーシの国境付近で軍事プレゼンスを増大し続けており、ベラルーシはこれに対応する必要があると発表した。
グレヴィチ氏は、地中海とバルト海における海上および空中発射型巡航ミサイルを搭載した部隊の出現、ポーランドとバルト三国における航空隊の増加は「ベラルーシ共和国への脅威の高まり」を物語っていると発表した。
同氏によると、ベラルーシ国境付近の部隊は過去6カ月で2倍以上に増大した。
ベラルーシのアレクサンドル・ルカシェンコ大統領 - Sputnik 日本, 1920, 05.05.2022
ウクライナをめぐる情勢悪化
「私たちがどうなるか分からない」 ルカシェンコ大統領、核兵器使用後の世界を予想
グレヴィチ氏はまた、ウクライナ軍が南方に最大で計2万人の部隊をつくったことに注目し、「ベラルーシ共和国の安全を確保するために、南方で特殊作戦部隊が3つの戦術的方向に展開されている」と説明した。
先に、ベラルーシ軍で、抜き打ちによる対応力の検査が開始されたと報じられた。
関連ニュース
EUの6番目の制裁 ロシアとベラルーシの軍産複合体を対象 石油輸入禁止は合意に至らず
ガソリンと塩を求めて ベラルーシに買い物に急ぐEU諸国の人々
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала