日本政府が試算 脱炭炭素に10年間で150兆円の投資が必要

© AFP 2022 / Etienne Balmer水素エネルギー
水素エネルギー - Sputnik 日本, 1920, 13.05.2022
日本政府が「クリーンエネルギー戦略」の中間整理をまとめ、13日の審議会で発表した。発表によれば、2050年に温室効果ガスの排出量を実質ゼロにするには、2030年の時点で少なくとも年間およそ17兆円、合計で約150兆円の投資が必要になると試算した。読売新聞が報じた。
中間整理によれば、日本政府は年内に最終的な戦略をまとめる予定で、長期的な大規模支援策を示すことで企業が安心して投資できる仕組みを作るとしている。
岸田首相は、就任時の所信表明演説でクリーンエネルギー戦略について強調しており、今回の中間整理をベースに具体化を急ぐとみられる。
関連ニュース
G7首脳、ロシア産エネルギー依存の脱却に向けたコミットメントを表明
中国で次々と石炭火力発電所建設 環境への取組みは後退か
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала