EU大統領、広島の原爆資料館訪問 「大量破壊兵器廃絶は急務」

© 写真 : Official twitter of Charles Michel広島市の平和公園で献花するミシェル大統領
広島市の平和公園で献花するミシェル大統領 - Sputnik 日本, 1920, 13.05.2022
訪日中の欧州連合(EU)のミシェル大統領は13日、広島市の原爆資料館を訪問し、「世界から大量破壊兵器をなくすことは急務だ」と声明を発表した。日本の各メディアが伝えている。
NHKなどの報道によると、ミシェル大統領は原爆資料館を45分間視察し、被爆当時の広島を再現した展示などを見学。芳名録に記帳したあと、声明を発表した。
声明では広島、長崎への原爆投下について「深い悲しみ、深い恐怖の念を覚える。この悲惨な状況は人間ができる最悪のことを示している」と表明。また、北朝鮮の核開発やウクライナ情勢を背景に核の脅威が高まっているとしたうえで、「世界から大量破壊兵器をなくすことは急務だと思い知らされた」と述べた。
Главное фото NATO展覧会 - Sputnik 日本, 1920, 21.04.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
モスクワでNATOの残虐性を語る展覧会開催中、ウクライナから持ち帰った軍服や広島長崎の展示も
その後、隣接する平和公園の慰霊碑に花を手向け、犠牲者に祈りを捧げた。被爆者との面会も行った。
ミシェル大統領はEUのフォンデアライエン欧州委員長とともに訪日し、12日には岸田首相と日EU定期首脳協議を行い、ウクライナ情勢やインド太平洋地域での連携を確認していた。ミシェル大統領は14日に日本を出発する予定。
関連ニュース
北朝鮮、日本海に向けて弾道ミサイルの可能性のあるもの発射
ロシアはウクライナで核兵器を使用するつもりはない=露外務省
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала