マクドナルドがロシアから撤退 国内事業は売却へ

© Sputnik / Mikhail Voskresenskiy / フォトバンクに移行マクドナルド
マクドナルド - Sputnik 日本, 1920, 16.05.2022
世界最大手のファーストフードチェーン、マクドナルドがロシア市場から撤退する。同社がプレスリリースで発表した。
発表によれば、「ロシアで30年以上営業してきたマクドナルドが、ロシア市場からの撤退を表明し、同国での事業の売却手続きを開始した」とされる。また、同社は、店舗のすべての株式を地元バイヤーに売却することを予定しているという。
マクドナルドは、ウクライナ情勢が引き起こした人道的危機と予測困難な事業環境から、今後もロシアでビジネス展開することは不適切であり、自社の価値観にそぐわないとの結論に至ったと強調した。
経済産業省 - Sputnik 日本, 1920, 13.05.2022
日本 20日からロシア向けハイテク製品の輸出を禁止
これに先立ち、マクドナルドは3月8日、ロシアの850店舗を一時的に閉鎖すると発表している。ロシアのマクドナルドでは6万2000人以上のスタッフが勤務しており、サプライヤー企業では約10万人以上が働いている。
これまでの報道によれば、マクドナルドは新しいブランドとしてロシア市場に戻る可能性を検討しているという。
関連ニュース
なぜロシアではマクドナルドなどのファストフードチェーンが完全に閉鎖しないのか?
ロシア撤退外国企業、20万人以上を雇用
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала