ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ウクライナ情報機関が硝酸アンモニウムを爆発 ロシア軍を非難するため=露国防省

© AP Photo / Sergei Chuzavkovウクライナ情報機関が硝酸アンモニウムを爆発 ロシア軍を非難するため=露国防省
ウクライナ情報機関が硝酸アンモニウムを爆発 ロシア軍を非難するため=露国防省 - Sputnik 日本, 1920, 17.05.2022
ロシア国防省は16日、ウクライナの情報機関はロシア軍が有害物質を使用したとして非難するために硝酸アンモニウムを爆発させたと発表した。
ロシア国防省は「ウクライナ政権は、ロシア軍が有害物質を使用したとして非難するための挑発を実行し続けている。本日13時35分、マザノフカ(ウクライナ)の居住区から北西1.5 キロに位置する農場で、最大1トンの硝酸アンモニウムを用いて強化した事前に仕かけたフガス地雷をウクライナの情報機関が爆発させた」と発表した。
西アフリカのマリ共和国 - Sputnik 日本, 1920, 04.05.2022
マリ共和国で発見の大量虐殺集団埋葬を仏マスコミはロシアに擦り付け 人権擁護家が「仏の煽動」
ロシア国防省によると、爆発で高さ約1 キロの有毒な雲が形成され、居住区クラマトルスクの方向に移動した。
関連ニュース
ロシアへの中傷と孤立化のため西側がブチャで挑発=在露北朝鮮大使館
米国とは違い、ロシアは化学兵器を保有していない=在米ロシア大使館
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала