日本 北朝鮮IT技術者に不正送金容疑で2人書類送検

© Fotolia開発者
開発者 - Sputnik 日本, 1920, 18.05.2022
日本の警察は、中国に住む北朝鮮籍のIT技術者に不正送金したとして、横浜市に住む韓国籍の男性ら2人を書類送検した。日本のマスコミが報じた。
TBS NEWS DIGによると、書類送検されたのは、横浜市に住む韓国籍の男性(57)と、東京都内に住む北朝鮮籍の女性(75)の2人。
報道によると、中国に住むIT技術者は書類送検された男性の名義を使って日本のスマートフォンアプリの開発などを請け負い、男性はそのアプリ開発などの報酬およそ170万円をIT技術者の親族の北朝鮮籍の女性の口座に送金、女性は自身のデビットカードをIT技術者に貸し、IT技術者は中国で現金を引き出していたという。
日本の警察は、IT技術者が報酬の一部を北朝鮮に送っていた可能性があるとみて調べている。
関連ニュース
日本 ジャニーズJr.へのストーカー容疑、17歳の女子高校生逮捕
山口県阿武町の4630万円誤送金 34回の出金確認
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала