バッハ会長 「IOCとロシア政府の関係は大きく損なわれた」

© AFP 2022 / Fabrice Coffrini国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長
国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長 - Sputnik 日本, 1920, 20.05.2022
国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は、IOCとロシア政府の関係はドーピング・スキャンダルとウクライナでの特殊作戦によって大きく損なわれたとの認識を表した。
「我々が北京で祭典を始めたのは2月で、それほど前のことではない。だがそれ以来、世界は非常に大きく変化した。北京冬季五輪の開幕式、閉幕式で私は『世界にチャンスを与えましょう』と言った。ところが、我々としてできることは、オリンピック休戦の順守を要請するだけになってしまった。なぜならロシア政府との関係が大きく損なわれたからだ」バッハ会長はローザンヌでの第139回大会で演説した中でこう語った。
中国の旗 - Sputnik 日本, 1920, 07.05.2022
中国開催の2021年夏季ユニバーシアードが2023年に再度延期
こう述べる一方でバッハ会長はウクライナにおける特殊作戦の終了後に、ロシア、ベラルーシとの相互関係を復興せざるを得ないと指摘している。l
「我々は平和を待たねばならない。その時が早く訪れるよう願っている。それが起きた時、我々は燃やされた橋を復興し、平和の大会を元に戻そう」バッハ会長はこう述べた。
バッハ会長はまた、IOCはウクライナ人スポーツ選手に対して支援を組織していることを指摘している。
関連ニュース
「スポーツは政治とは関係のない存在だと強く信じたかった」 プルシェンコのアイスショーについてロシアのスケーターがコメント
「ロシア人ヘイトはウクライナから始まったものではない」=米国の作家
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала