サル痘、11カ国で80件確認=WHO

© Sputnik / Alexey Vitvitsky / フォトバンクに移行WHO
WHO - Sputnik 日本, 1920, 22.05.2022
WHO(世界保健機関)はサル痘が現在11か国で計80件確認され、いずれもサル痘が風土病ではない国で発生していることを発表した。
WHOは「現時点で約80件が確認され、さらに50件が調査中。監視が本格化するにつれて新規症例の報告が入ってくるだろう」とした。
またWHOは、サル痘は一部諸国の一部動物集団において風土病であり、周期的にそれら諸国の住民や旅行者の間で感染することがあると指摘。一方、今回サル痘が確認された11か国はいずれもサル痘が風土病ではない国・地域であり、感染は典型的なケースとは言えない。
欧州で検出のサル痘 従来型より危険かをドイツが研究中 - Sputnik 日本, 1920, 21.05.2022
IT・科学
欧州で検出のサル痘 従来型より危険かをドイツが研究中
WHOはこれらの国々と関係機関と共同でサル痘の監視を強化し、治療の推奨事項などを提供するとしている。
関連ニュース
スウェーデンでサル痘感染確認
オーストラリアとカナダで初のサル痘症例が確認
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала