最大級の小惑星が5月27日に地球に大接近

© 写真 : Pixabay/BENG-ART小惑星
小惑星 - Sputnik 日本, 1920, 23.05.2022
5月27日、アポロ群で最大級の小惑星が地球に接近する。ロシア科学アカデミーケルディッシュ記念応用数学研究所が発表した。

「この小惑星は今年衝突の危険がある最大級の物体(大きさが約1.5キロメートル)となる見込みだ。この小惑星は、20センチの口径のアマチュア望遠鏡でも見ることができる。地球にもっとも接近するのは5月27日の17時26分(モスクワ時間)で、秒速13キロの速度で約400万キロ地点を通過する」

同研究所は、昨夜いくつかの天文台が小惑星を観測したと発表し、「得られたデータは、大まかに分かっている自転周期を明らかにするために使われる」と説明した。
また、ロシアの宇宙開発企業ロスコスモスによれば、小惑星(7335)1989 JAの接近時に地球の脅威となる事態は何も生じないという。
関連ニュース
日本のJAXA 人工衛星と宇宙ゴミの衝突リスク 2021年度で約270件
火星に最近まで水が存在 証拠発見
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала