英国、3日でサル痘患者3倍に 接触者に天然痘ワクチン接種を奨励

© Sputnik / Vladimir Pesnyaイギリスの首都ロンドン市
イギリスの首都ロンドン市 - Sputnik 日本, 1920, 24.05.2022
英国で新たに36人のサル痘の感染患者が確認された。23日、英保健当局が発表した。英国でのサル痘患者の合計は56人で、20件の感染例が確認された20日からわずか3日間で約3倍となった。
これを受け、英保健当局は感染者と接触した人に21日間の自主隔離を勧告。感染者の治療に当たった医療関係者を含む濃厚接触者については、サル痘の予防に推奨されている天然痘ワクチンの接種を奨励している。
世界保健機関(WHO)のデータによると、天然痘ワクチンはサル痘に対しても85パーセントの有効性が認められ、接種者は感染しても軽症で済むことが知られている。
ベルギー、ブリュッセル - Sputnik 日本, 1920, 23.05.2022
ベルギー サル痘感染者の隔離期間は21日=メディア
WHOによると、サル痘は身体の直接的な接触と空中飛沫により伝染し、その症状は発熱や背中と筋肉の痛み、悪寒、疲労感を特徴とする。これまでにサル痘が風土病となっていない欧米など12カ国で92件の症例が報告されている。一方、WHOは「現時点でサル痘に関連した死亡報告は1件もない」としている。
関連ニュース
WHOがサル痘の拡大について討議するために専門家の緊急会議を招集=メディア
欧州で検出のサル痘 従来型より危険かをドイツが研究中
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала