Twitter ユーザーのデータ漏洩で1億5000万ドルの罰金支払い

ツイッター - Sputnik 日本, 1920, 26.05.2022
米国の司法省と連邦取引委員会は共同声明で、Twitterは機密データ漏洩の訴えを受け、1億5000万ドル(約190億円)の罰金を支払うことに同意したと発表した。
米国当局の訴えによると、2013年5月から2019年9月まで、Twitterは機密データの使用についてユーザーに誤解を与えていた。当局によると、同社はターゲティングにユーザーの電話番号と電子メールアドレスを使用していた。連邦取引委員会によれば、合計で1億4000万人超のユーザーが影響を受けている。
Twitterは罰金の支払いに同意し、データ保護対策を講じることを約束した。特に、同社の管理者は、包括的なプライバシーポリシーに関するプログラムを開発し、将来的に定期的なデータセキュリティチェックを実施する義務を負う。
2011年にTwitterは、同社のデータ使用に関してユーザーに誤解を与えてはいけないと命じられていた。
ツイッター買収のイーロン・マスク氏が警告 職業倫理基準は引き上げる
関連記事
ザッカーバーグ氏 近くNFTをインスタグラムに入れると発表
マスク氏がツイッター買収の宣言後、失った資産額をブルームバーグが計算
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала