長崎市も原爆の日の式典にロシアを招待せず 駐日ロシア大使が憤慨

© 写真 : The Embassy of The Russian Federation to Japanガルージン駐日ロシア大使
ガルージン駐日ロシア大使 - Sputnik 日本, 1920, 28.05.2022
ミハイル・ガルージン駐日ロシア大使は、8月9日の原爆の日の式典にロシア大使を招待しないという長崎市の決定に怒りを表明した。
先に、日本の各メディアは、広島市に続き長崎市が8月9日の原爆の日の式典にロシアとベラルーシの駐日大使を招待しないことを決定したと報じた。
長崎市の田上市長は、ロシアに対する抗議活動を念頭に「さまざまな不測の事態を想定しなければならない」と説明した。また、ロシアとベラルーシの大使の参列により、参列を見送る国が出る可能性を懸念したとも報じられている。
広島 - Sputnik 日本, 1920, 26.05.2022
広島の平和式典にロシアを招待せず これは新たな反露的行動か
在日ロシア大使館のフェイスブック(ロシアで禁止)に掲載されたミハイル・ガルージン駐日ロシア大使のコメントでは「我々はすでに、5月25日付のコメントで、広島市の決定に対し否定的な態度を表明した。これらはすべて、長崎市役所がとった非友好的な措置にも十分該当する」と指摘されている。
また、ガルージン氏は「長崎市は、同市を中心とする露日関係の歴史におけるポジティブなページも軽視している。同市は、19世紀後半、貿易と文化の分野における接触など露日関係の確立に重要な役割を果たした」と付け加えた。
さらに「これまで、地元の活動家や在日ロシア公館によって慎重に整備された市内に残る数十基の同胞の墓がこれを物語っている。残念だ」と指摘されている。
関連ニュース
ロシア駐日大使 広島の平和記念式典にロシア代表を招待しないのは「恥ずべき措置」
ロシアは日本の敵対的活動を注視しており、防御策を講じる権利を留保する=露外務省
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала