スシローの割引の為に「鮭」に改名の男性、元に戻せず 台湾

寿司 - Sputnik 日本, 1920, 29.05.2022
台湾議会でこのごろ、一生で3回までしか改名を認めない法律の変更が議論されている。発端は日本の回転寿司チェーン「あきんどスシロー」が行ったユニークなキャンペーンだった。台湾紙「タイペイ・タイムズ」が伝えている。
発端はスシローが台湾の店舗で2021年3月に2日間限定で行ったキャンペーン。このキャンペーンでは、名前に「鮭魚(中国語でサケを意味する)」の文字がある人の食事代が無料となり、同音異字の場合も半額になるというものだった。
このキャンペーンで寿司を無料で楽しもうと、台湾では名前を変更する人が続出。「夢鮭」「舞鮭」といった名前も登場したといい、計331人が改名した。
タイペイ・タイムズによると、キャンペーンの終了後、ほとんどの人は元の名前に戻したが、全員ではなかった。なぜなら、台湾の法律では改名は3回までしか認められていないためだ。ある男性は、名前をもとに戻そうと役所に申請した際、幼少期に両親が2回改名していたことが明らかに。すでに上限の3回に達してしまい「鮭」が名前に残ることになった。
屋根の穴にはまって抜け出せなくなったアライグマ - Sputnik 日本, 1920, 27.05.2022
屋根の穴にハマり抜けなくなったアライグマ、住民が救出=米国
このニュースに対し台湾市民からは、「大人なんだからもう少し責任感を持つべき」「割引のために名前を変えたやつらのために法律を変えるのはいかがなものか」などと呆れる声があがっている。
関連ニュース
ゴキブリが食べた月の砂、米オークションに出品
エッセー「夫を殺害する方法」の米作家 夫の殺害で終身刑
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала