台湾空軍機が訓練飛行中に墜落、パイロット死亡

© AP Photo / Wally Santana台湾軍
台湾軍 - Sputnik 日本, 1920, 31.05.2022
台湾空軍の練習機が訓練飛行中に墜落し、パイロットが死亡した。台湾総統府の報道部が31日に発表した。
台湾総統府報道部の公式フェイスブック(ロシアで禁止)の投稿によると、台湾南西部の高雄市にある岡山(こうざん)空軍基地から訓練飛行のために離陸したAT-3機が墜落した。
投稿には「捜索および救助隊は速やかに救助活動を開始したが、残念ながら同機のパイロットは死亡が確認された」と述べられている。
台湾の蔡英文総統は、国防省に対し、事故の原因究明と死亡したパイロットの遺族への支援を指示したと指摘されている。
台湾では、今年3月、空軍のミラージュ2000戦闘機が訓練飛行中に墜落したものの、パイロットは脱出に成功した。1月には、台湾空軍のF-16戦闘機が墜落し、パイロットが死亡した。
関連ニュース
米国と台湾、経済関係強化に関する交渉を発表へ=ブルームバーグ
台湾への軍事介入を巡るバイデン氏の発言に中国が反発、「主権保護」のため軍事演習を実施
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала