中国が密かにカンボジアに海軍施設を建設=ワシントン・ポスト紙

© AP Photo / Kin Cheung中国海軍(アーカイブ)
中国海軍(アーカイブ) - Sputnik 日本, 1920, 07.06.2022
西側の高官らは、中国が、自国軍が使用する海軍施設をカンボジアに密かに建設していると見ている。匿名の西側政府関係者を引用し、ワシントン・ポスト紙が報じた。
同関係者によると、指摘されているのは「タイランド湾のリアム海軍基地の北部」の施設だという。今週、施設の土台の基礎工事が行われている。
また、報道によれば、中国とカンボジアの双方はこの情報を否定し、事態を隠蔽するため緊急措置を講じているという。
関係者やアナリストによると、「南シナ海西部に大型船の受け入れ可能な施設があることは、インド太平洋地域に影響力を拡大するという中国の野心という点から重要な要素になる」という。
中国、軍事 - Sputnik 日本, 1920, 02.06.2022
中国軍 台湾海峡での最悪のシナリオに備える
報道では、そうした点でこの基地は中国にとって2番目に重要な施設となるが、戦略的に1番重要なのはインド太平洋地域の基地だと指摘する。現在、中国政府の唯一の外国基地は東アフリカのジブチに置かれている。
ウォール・ストリート・ジャーナル紙は2019年に、中国とカンボジアが、中国軍にリアム基地の30年の使用独占権を提供する秘密協定を締結したと報じている。
中国国防部の報道官は、この情報を虚偽の噂だとして否定している。
関連ニュース
豪首相 中国機による侵略行為と迎撃を非難
中国船が日本のEEZ内で海中に観測機器を投入か 日本の外務省が抗議
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала