「露日は連絡を維持。長期的な協力を確信」=露極東開発相

© Sputnik / Alexandr Kryazhev / フォトバンクに移行ロシアのチェクンコフ極東開発相
ロシアのチェクンコフ極東開発相 - Sputnik 日本, 1920, 17.06.2022
ロシア極東・北極地方開発相のアレクセイ・チェクンコフ氏は17日、露サンクトペテルブルクで開催中の国際経済フォーラムで、「露日は実務者ルートを通して連絡を保っており、長期的な互恵関係を確信している」と発言した。
ウクライナ情勢を背景として露日関係が悪化している状況をふまえ、チェクンコフ氏は次のように述べている。

「我々は実務者ルートを通して連絡をとっている。露日協力の今後が見えるし、分かっている。アジアがイコール我々、ロシアである以上、彼ら(日本)は数十年にもわたりあぐらをかき、ワシントン(米国政府)の言いなりとはならない。ロシアは国土の4分の3がアジアだ。北海道がサハリンと、新潟がウラジオストクと協力するのは、シアトルとの協力よりもずっと自然なのだ。(露日は)建設的で長期的な協力関係を築けると確信している」

また、チェクンコフ氏は、日本が主権国家として互恵的な利益に敬意をもって取り組み、健全な対話に戻るのが早ければ早いほど、人類全体、地域全体にとって有益だと指摘した。
関連ニュース
サハリンの企業、3年間ほぼ無料で日本に水産物を輸出
日本の神経質な行動、米国の影響によるもの=露極東開発相
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала