芥川賞候補作がすべて女性の作品に、賞の創設以来初めて=NHK

© Depositphotos / Irochka芥川賞候補作がすべて女性の作品に、賞の創設以来初めて=NHK
芥川賞候補作がすべて女性の作品に、賞の創設以来初めて=NHK - Sputnik 日本, 1920, 17.06.2022
第167回芥川賞の候補作として5人の作品が選ばれた。いずれも女性作家で、賞の創設以来、初めてすべて女性の作品となった。NHKが報じた。
芥川賞の候補作に選ばれたのは、小砂川チトさんの「家庭用安心坑夫」、鈴木涼美さんの「ギフテッド」、高瀬隼子さんの「おいしいごはんが食べられますように」、年森瑛さんの「N/A」、山下紘加さんの「あくてえ」の5作品。高瀬さんは2回目の候補で、ほかの4人は今回初めて候補に選ばれた。
日本文学振興会によると、候補作がすべて女性の作品となったのは1935年に賞が創設されて以来初めてとのこと。芥川賞の選考会は7月20日に行われる。
関連ニュース
ロシア文化のボイコットに反対する運動が伊ミラノで開催、スカラ座はムソルグスキーで新シーズン開幕へ
1000円の着物とTikTokでの日本舞踊 サンクトペテルブルクの日本文化愛好家のストーリー
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала