猛暑の日本 エアコンの有効活用・節電対策とは 大手家電メーカーのアドバイス

エアコン - Sputnik 日本, 1920, 27.06.2022
経済産業省は27日、日本全国が猛暑となるなか、冷房などの使用で電力がひっ迫するおそれがあるとして、東京電力管内の企業や家庭に節電を呼び掛けた。
熱中症対策としてエアコンの使用は不可欠であるが、こうした状況の中で節電も効率的に行う必要がある。
大手家電メーカーのパナソニックとシャープは、節電・節約の仕方について、SNSでアドバイスを行っている。
サマータイム - Sputnik 日本, 1920, 27.06.2022
日本 「電力需給ひっ迫注意報」を初めて発令 関東地方で厳しい暑さ
パナソニックは、自社サイトで次のように説明している。節電に重要なのはオン・オフをこまめに行わないことで、それはエアコンが電力を多く消費するのは起動時だからだと指摘する。30分程度部屋を離れる場合は電源を切らず、長く家を空けるときは電源をオフにし、タイマーを活用して必要な時間に利用時間を合わせるのが有効だという。
シャープも自社サイトで節電対策についてアドバイスしている。エアコンは頻繁に電源のオン・オフを繰り返すことはせず、冷房作動時の無駄な電力消費を避けるため、帰宅後はまず窓を開け、温まった空気を外に出すよう推奨している。また、温度設定に注意し、冷房時は1度高めにすることで、およそ10%の節電になると説明する。また、カーテンなどで日の光を遮ることも有効だという。
関連ニュース
東京、熱中症の疑いで62人が救急搬送
自民党はエネルギー問題の打開策を模索か
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала