国際宇宙ステーション ロシアとESAの2人の飛行士が人工衛星10基を軌道投入

© NASA宇宙
宇宙 - Sputnik 日本, 1920, 22.07.2022
国際宇宙ステーションでロシアのオレグ・アルテミエフ飛行士と欧州宇宙機関(ESA)の伊サマンサ・クリストフォレッティ飛行士は船外活動で軌道に10基のナノ人工衛星を投入した。
軌道に投入されたナノ人工衛星は、2017‐2018年に国際宇宙ステーションから投入された4基の 人工衛星の課題遂行を続行し、自律知能型宇宙機器群の開発と地球表面の撮影を行う。
このほか、人工衛星を用いて地球の周辺の無線雑音マップを作る計画があり、そのマ ップを使って、将来の人工衛星をより有効にコントロールできるようになる。
関連ニュース
日本の新たな宇宙飛行士試験、最初の試験を205人がクリア
宇宙飛行士 宇宙からISSと通信ができるかどうか検証
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала