- Sputnik 日本, 1920, 08.07.2022
安倍晋三元首相襲撃事件
7月8日午前11時半ごろ、奈良県奈良市の近鉄大和西大寺駅近くで演説を行っていた安倍晋三元首相(67)が男に銃で撃たれ、血を流して倒れた。

安倍元首相襲撃 山上容疑者が鑑定留置のため大阪拘置所に移送

© AP Photo / Katsuhiko Hirano/The Yomiuri Shimbun山上容疑者
山上容疑者 - Sputnik 日本, 1920, 25.07.2022
安倍晋三元首相の銃撃事件で、山上徹也容疑者(41)は25日、鑑定留置のため勾留先の奈良西署から大阪拘置所に移送された。共同通信が報じた。
山上容疑者は、25日午前10時すぎ、勾留先の奈良西署から大阪拘置所に移送された
奈良地裁は23日、山上容疑者の事件当時の精神状態を調べるための鑑定留置を認めた。鑑定留置は11月29日までの約4ヶ月間。奈良地検は山上容疑者について、刑事責任能力の有無や程度を判断する。また、山上容疑者の自宅から押収した手製の銃について、殺傷能力が確認されれば、現場で用いられた手製の銃と合わせ、銃刀法違反や武器等製造法違反容疑などでの立件も検討される。
日本の旗とロシアの旗 - Sputnik 日本, 1920, 23.07.2022
安倍晋三元首相襲撃事件
安倍氏殺害事件以降、日本の政治方針は変わるのか ロシア専門家
時事通信の報道によると、山上徹也容疑者は、奈良県内の山中で「手製銃の試し撃ちを10回ぐらいした」と供述していることが判明。奈良県警は、威力や性能を確認しながら複数の銃を製作していたとみて調べている。
また、山上容疑者は「(手製銃に用いる)火薬を乾かすため」、2021年3~9月に県内のアパートの一室を、11月~今年2月にはシャッター付きのガレージをそれぞれ賃貸契約していた。奈良県警は、山上容疑者が火薬を独自に調合していたとみて、押収した粉末の鑑定などを進めている。
関連ニュース
山上容疑者の母「旧統一教会に申し訳ない」
安倍氏襲撃の山上容疑者、事件前に手紙 安倍氏について「本来の敵ではない」
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала