米国開催の世界陸上後、キューバ代表から3人が失踪

© AFP 2022 / Andrej Isakovicヤイメ・ペレス選手
ヤイメ・ペレス選手 - Sputnik 日本, 1920, 29.07.2022
世界陸上に出場するキューバ代表チームの遠征中に、女子選手2名と医療スタッフ1名が米国で「行方不明」となった。キューバチームは大会でメダル獲得がならず、史上最悪の結果で終わった。
2019年円盤投げ世界チャンピオンで東京五輪銅メダリストのヤイメ・ペレス選手(31)は、今回のユージン大会で7位に終わった後、マイアミでの滞在中に失踪した。同じ日に理学療法士のカルロス・ゴンザレス氏も姿を消した。
この数日前、ユージンに向かう途中、2019年世界ユース選手権の銅メダリストであるやり投げのイセレナ・バラール選手(19)がマイアミで失踪している。
Старый американский автомобиль на фоне гигантских волн в Гаване, Куба - Sputnik 日本, 1920, 05.03.2022
キューバを見てください-制裁では新しいものは生まれず、効果の保障もない
キューバ代表チームは、選手の失踪は「深刻な規律の乱れ」の現れと述べている。
キューバの選手が海外での大会中に失踪するのは今回が初めてではない。今年に入り、2016年五輪レスリング代表のイスマエル・ボレロ選手や東京五輪の走幅跳銀メダリストのフアン・ミゲル・エチェバリア選手、同カヌー代表のフェルナンド・ホルヘ選手が同じように失踪している。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала