19:47 2018年06月24日
波

学者 アフリカで高さ300メートルの巨大津波の痕跡を発見

© Flickr/ James Loesch
アフリカ
短縮 URL
0 111

アフリカの島国カーボベルデ共和国で行われた調査で、この諸島がある時、高さ300メートルの巨大津波に完全にのまれたことが分かった。雑誌サイエンス・アドバンシスに掲載された論文の中で述べられている。

米ニューヨークにあるコロンビア大学のリカルド・ラマリオ氏が率いるグループは、大きさがマイクロバス程で、重さが数百トンもある、明らかに海洋起源の地上にある石を調査した結果、島がある時、巨大津波に襲われたことがあるとの結論に達した。石は、海岸から650メートルのカーボベルデ共和国サンティアゴ島にあったもので、複数ある。

学者たちは、石の数とその位置から、石が巨大津波の痕跡であると考えた。津波によって、海中にあった石が、陸地へ打ち上げられたと想定したのだ。

学者たちはこの考えに従い、石の大きさと重量から、津波の威力と津波が起こった時期を割り出した。学者たちはこの巨大津波が、約7万3000年前に発生したと考えている。

学者たちによると、津波の原因は、カーボベルデ共和国のフォゴ島にある世界有数の火山の一つで起きた大きな噴火。火山が噴火して、山の東側面の半分に相当する総体積160立方キロメートルが海に投げだされた。これほど大量の物質が落下したことで、人類が未だかつて見たことのない大きな波が発生したという。波の高さは270メートルを越え、しばらくの間、島は水に埋もれた。

ラマリオ氏は、今後もこのような津波が起こる可能性があるとし、火山性の環礁が爆発して巨大な波が発生するかもしれないため、備えておく必要があると指摘している。

タグ
歴史, 災害・ 謎・発見・スキャンダル
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント