01:25 2018年09月25日
アフリカ人

アフリカのパラドックス 人々が苦しむ原因は餓えか肥満【統計】

© AFP 2018 / Adriane Ohanesian
アフリカ
短縮 URL
0 03

アフリカでの肥満問題はより規模を増している。1990年に肥満で苦しんでいたのが7歳から11歳の子供4%だったが、2011年には7%まで上がっており、2025年までには11%になると見られている。成人の状況も良くない。アフリカ大陸の各国における肥満人口は6%(トーゴ)から27%(ガーナ)まで振れ幅がある。「QUARTZアフリカ版」が報じた。

スプートニク日本

原因は、アフリカで急速に発展する都市部と人口の増加、ミドルクラスを増やす、拡大する経済と、新市場獲得に精を出すファーストフードチェーンにある。驚くことに、現在アフリカ大陸では文字通り、1つの家庭に餓えと肥満が共存しうることがある。

中高年のアフリカ人の運動量が少なく、アフリカでの医療はエイズなどの伝染病に力を入れていたこともあり、糖尿病や心臓発作などを治療改善する国家保険システムは十分に機能していない。だが一方でアフリカ大陸では、2億3300万人が貧困と栄養失調に悩んでいる。

関連ニュース

世界で最もストレスの多い都市トップ10【写真】

アフリカで大雨による死亡者、1000人以上【写真】

タグ
調査, 研究, びっくり, アフリカ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント