21:40 2019年08月22日
ナイジェリア 【アーカイブ写真】

ナイジェリアから3万人超がカメルーンへ逃亡 イスラム原理主義者の攻撃を恐れ

© AP Photo / George Osodi
アフリカ
短縮 URL
0 01

ナイジェリアのラン市から3万人を超す市民が先週末、イスラム原理主義組織「 ボコ・ハラム」の襲撃を恐れて、カメルーンへと逃げ込んだ。29日、国際連合難民高等弁務官事務所が明らかにした。

スプートニク日本

難民高等弁務官事務所の調べでは逃亡した市民は2万5千人以上。これらの市民はナイジェリア北東部からカメルーンへと逃げ込んだ。ナイジェリアの北東部では毎日のように数千人の市民がボコ・ハラムによる襲撃を受けている。

ボコ・ハラムはイスラム原理主義組織で主にナイジェリアで活動をしている。西側を手本とした教育に反対し、国全体にイスラム正法(シャリーア)を広めようとしている。ボコ・ハラムは組織に対抗してニジェール, カメルーン、チャドが行う軍事キャンペーンに対し、その報復としてテロを起こしている。

タグ
イスラム教, アフリカ, ナイジェリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント