20:33 2018年01月19日
東京+ 10°C
モスクワ-9°C
    北朝鮮、カメ農場運営者がカメの劣悪環境を理由に処刑

    北朝鮮、カメ農場運営者がカメの劣悪環境を理由に処刑

    © REUTERS/ KCNA
    アジア
    短縮 URL
    0 216

    朝鮮民主主義人民共和国では金正恩指導者によってカメ農場の運営者が処刑された。韓国のデイリーNK通信が北朝鮮内の情報提供者からの情報を引用して報じた。

    金正恩氏は今年5月、父親の金正日政権時に作られたカメ農園を視察した際、運営者の仕事を散々非難し、この人物を処刑するよう命じた。

    金正恩氏は全てのゲージで水と餌が十分に足りておらず、これが原因で多くのカメが死んでいたとして激怒。農場のマネージャーらは水と設備の問題にクレームをつけたものの、金正恩氏はこうしたクレームを美しくないと却下。

    ジャーナリストらはピョンヤンでさらに数人の情報筋に対し、この情報にコメントするよう求めた。そのうちの1人はカメ農場では実際に、電力供給の不具合によって水供給に問題が生じ、子ガメが死亡していたことを明らかにした。この情報提供者は、仮に親ガメが死亡していたのであれば、運営者は死刑を間逃れたのではないかと語っている。

    関連:

    北朝鮮の人権状況を監視する国連事務所の開設は、関係を複雑化させる更なるステップ
    日本は北朝鮮化するのか?
    北朝鮮、米国の虚偽を指弾
    タグ
    北朝鮮
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント