23:22 2018年07月16日
北京で初めて、スモッグによる大気汚染の最悪レベル発表

北京で初めて、スモッグによる大気汚染の最悪レベル発表

© AFP 2018 / GREG BAKER
アジア
短縮 URL
149

新華社通信の報道によれば、北京市当局は、7日、月曜日の大気汚染レベルが、環境的に最も危険なレベル「赤」の段階に達したことを明らかにした。

​北京市当局は初めて、大気汚染レベルを「オレンジ」から、最も危険なレベルである「赤」に引き上げた。

レベル「赤」の状況は、火曜日の朝7時から木曜日の12時まで続くものと見られている。

北京では、非常事態局の求めに従って、レベル「赤」が導入された後、幼稚園・小中学校に対し、すべての授業を止めるよう勧告が出されている。

又、あらゆる建設作業も禁止された。企業の中には、作業の短縮あるいは一時停止を指示されたところもある。自家用車の利用も制限されているが、この措置は政府機関の車も対象となっている。

北京当局は、11月29日、大気汚染状況が悪化したとしてレベルを「オレンジ」に引き上げていた。

タグ
環境, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント