00:25 2018年07月20日
中国、人災地滑りの責任者が自殺

中国、人災地滑りの責任者が自殺

© REUTERS / Stringer
アジア
短縮 URL
416

先日、工業団地で大規模な地滑りの起きた中国の深セン市で、市の管区行政局を総括していた地元役人が地滑り発生の1週間後、自殺した。地滑りは埋め立てられた産業ゴミが原因で起きていた。新華社通信が報じた。

サウス・チャイナ・モーニング・ポスト紙の報道によれば自殺した役人は2009年に局長に就任。人災と噂される今回の地滑りの原因となった最終処分場の建設を認可している。

最終所分譲は2014年10月に建設。運び込まれるゴミはわずか1年で20階建てのビルと同じ高さまで達した。

12月20日に起きた地滑りでゴミは住居に襲いかかり、この結果、7人が死亡したほか、さらに75人の行方不明者が出ている。地滑りで33の建物が一部損壊、または全壊したほか、現場の脇にあるガス配管に爆発が起きている。

タグ
中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント