14:36 2018年11月17日
核兵器をめぐる朝鮮半島情勢、日本を放射能の雲で覆うか?

核兵器をめぐる朝鮮半島情勢、日本を放射能の雲で覆うか?

© AFP 2018 / Jung Yeon-Je
アジア
短縮 URL
3311

ロシアの気象学者が朝鮮民主主義人民共和国の核兵器が実際に使用された場合の大気への影響について語った。

北朝鮮はすでに1度ならず世界に向けて自国の核兵器改良を示してきている。ロケットが軍事パレードの際には誇示されており、今年1月には水爆実験も実施された。

もし突然爆発が起これば放射性同位体(ラジオ・アイソトープ)が放射線を空気中に拡散することになる。

現在、日本には北西から南東への風が吹いている。こうした風の動きは冬季に典型的なものだ。なのでもし核兵器が爆発するようなことがあれば、放射性物質の被害を被るのは日本も含め北朝鮮の東に位置する近隣国、そして海洋ということになるだろう。

 

関連:

なぜ日本は、ベトナムを「米中抗争」に引き込むのか?
北朝鮮軍の総参謀総長が処刑される-韓国のマスコミ
専門家:「北朝鮮発射ロケット、あれは大陸弾道ミサイルではなくロケット運搬機」
北朝鮮の核実験は、白頭山の眠りを覚まし世界を震撼させる
タグ
核兵器, 日本, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント