07:07 2018年07月19日
岸田外相

岸田外相「我々は北朝鮮に国連決議遂行を求めてゆく」

© AFP 2018 / TOSHIFUMI KITAMURA
アジア
短縮 URL
0 31

日本政府は、北朝鮮に対し、弾道ミサイル技術を使用したあらゆる行動を禁止した国連安全保障理事会決議の遂行を求めてゆく考えだ。

金曜日、岸田外相は、中国公式訪問を前に行われた東京での記者会見で、こうした立場を明らかにした。

北朝鮮の核ミサイルプログラムに関する問題は、岸田外相と中国指導部との交渉において重要なテーマになると見られている。

岸田外相は「北朝鮮によるミサイル発射は受け入れられない。米韓と協力し、我々は、北朝鮮に対し、自制と国連安全保障理事会決議の遂行を求めてゆく」と述べた。

また外相は「現在日本政府は、どのような状況になっても、それに向けた準備をしており、北朝鮮の行動に関する情報を詳しく収集し分析している」と付け加えた。

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)は、ウォンサン港付近で、移動型弾道ミサイル「ムスダン」2発(射程2500から4000キロと見られる)を発射したが、打上げは失敗に終わった。ミサイルは、数秒飛行した後、レーダーから姿が消えた。

タグ
北朝鮮, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント