10:19 2017年03月29日
東京+ 9°C
モスクワ-1°C
    南シナ海

    中国 南シナ海で7月5-11日まで軍事演習実施へ

    © AFP 2016/ POOL / RITCHIE B. TONGO
    アジア
    短縮 URL
    150360

    中国は、南シナ海の係争地パラセル諸島(西沙諸島)の近くで7月5日から11日まで軍事演習を行う。ロイター通信が、中国国家海洋局の発表を引用して伝えた。

    公開された座標によると、演習はパラセル諸島のゾーンを網羅している。

    中国の軍事演習が行われている間、他の船舶が同海域に入ることが禁止されるという。

    なおロイター通信は、ベトナムと台湾もパラセル諸島の領有権を主張していると指摘している。

    タグ
    軍事演習, 中国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      catss4
       日本が信用されない理由
      2016年5月8日、新華網は記事「南シナ海で存在感を示す日本、
      一方で隠し続ける第2次世界大戦期の不良記録」を掲載した。以下はその概要。

      安倍首相、岸田文雄外相は各国で南シナ海問題を取り上げ、中国脅威論を
      宣伝している。
      その裏には中国の脅威を口実に憲法改正と軍事力拡張という野心が隠れている。
      日本が国際社会で大騒ぎすれば、南シナ海の安定と発展にとってはマイナスの
      効果しかない。事態を複雑化させるだけなのだ。

      南シナ海の問題の根源をたどれば、日本が第2次世界大戦期に中国の島しょを
      違法占領したことにある。 国際社会で存在感を示そうと画策する日本だが、
      この不都合な不良記録には言及しようとしない。(翻訳・編集/増田聡太郎)
      www.recordchina.co.jp/a137944.html

      ○ 中国国防部の楊宇軍(ヤン・ユージュン)報道官は14日、米報告書は
      中国の意図を曲解した不当なものだと反発。南シナ海の島々では
      「最低限の国土防衛以外」ほとんどが民間用途の建設だと主張し、米国の批判は
      信頼関係構築の約束に背くものであり、米国の言行不一致だと指摘した。
      (翻訳・編集/増田聡太郎)
      www.recordchina.co.jp/a138683.html

      ○ ベトナムの背後にエクソンモービル
      plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201405200000

      ○ 「中国軍が攻撃動作を仕掛け 空自機が離脱した」との記事を 元空自幹部が
      「事実関係はない」と否定  この輩も何処かからカネ貰って、プロパガンダを流す
      バイトをしているようです。
      blog.goo.ne.jp/zabuyamato/e/3b578101d485c99318545a250952aac7

      ○ 台湾の蔡が率いる民進党は、アメリカと軍事・経済的結びつきを強めようと
      している。
      blog.goo.ne.jp/minamihikaru1853/e/4a20e73a3146684e7e7dab9f36a36dab
    新しいコメントを読む (0)