01:18 2019年05月21日
韓国でコレラ、15年ぶりの検出

韓国でコレラ、15年ぶりの検出

© REUTERS / China Daily
アジア
短縮 URL
0 117

韓国では15年ぶりにコレラ菌が検出された。23日、聨合通信が同国の感染防止管理センターの発表を引用して報じた。

コレラが発見されたのは59歳の男性。男性は海外渡航歴がないことから、感染源は韓国国内であることがわかった。

聨合通信の報道によれば、コレラの検出が確定されたのは8月22日。患者はすでに回復しており、近々退院の予定。

韓国でコレラ患者が発生したのは2001年。当時、162人が感染下が、海外渡航者を除いてはこの15年間に国内の感染源による流行はない。

現在、韓国ではコレラの感染源の特定作業が行われている。男性は輸入食品を口にしたか可能性が疑われているほか、男性が立ち寄った食堂が調べられている。

先に伝えられたところによると、英デイリーメール紙の報道によれば、シリアでは「ダーイシュ(IS、イスラム国)」戦闘員が死体を表に放置するため、死体を捕食する肉食甲虫(ラテン名でAdephaga)が繁殖している

関連:

ドイツ 「がんの治療師」のクリニックでの治療後に70人が死亡
ナノサイボーグ軍によりがんを殲滅
タグ
医療, 韓国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント