19:23 2020年10月22日
アジア
短縮 URL
161
でフォローする

中国の新華社通信が伝えたところによると、2016年に始まった「2人っ子政策」はビジネスを広げ、母親の悩みを消し、ブームを起こした。

全面的な「2人っ子政策」が実施されて1年、関連産業がすでに活気づいている。例えば、市内にある私立産婦人科病院を現場取材すると、その多くで2人目の妊婦が全体の半分を占めていた。2人っ子政策が始まって1年が経つが、7年間に育児ヘルパーの米氏はすでに8~9人の「2人目の子供」の面倒を見てきた。米氏のスケジュール表を見ると、2人目の子供を持つ家庭の高いニーズが見て取れると新華社通信が伝える。

また、2人っ子政策が始まってから、ベビー用品のニーズは紙おむつや粉ミルクなどの従来人気商品からさらに多様化し、赤ちゃん用グッズの販売が増加し続けている。オフラインのベビー用品市場も人気が高まっている。

寝室4間の間取りの部屋も2人っ子家庭に人気だった。それに2016年はペアの家具を求める家庭が明らかに増えた。特に2階建てベッドが人気を集めた。

そして、通常の5人乗りの自動車の代わりに、2人っ子家庭は2人の子供が共にチャイルドシートを使用するなら、7人乗り自動車をもっと多く使用し始めた。

関連:

誕生月が病気に影響する?
SNSへの写真投稿が子供の将来をいかにダメにするか、学者が語る
タグ
中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント